お役立ち

【WordPress】プラグインの翻訳ファイルを転送して言語を適応させる方法


英語が多いプラグイン

WordPressはサイト作成に非常に便利なオープンソース
公開されているプラグインも数多く様々なカスタマイズが可能です。

自由にプラグインを組み合わせて思い通りのサイトを手軽に作って行けるので魅力的です。

しかしこの『プラグイン』

海外で作られている物が多く、英語の表記で使い方がよくわからない物が非常に多いです。

翻訳ファイルを作成して公開したり販売している人も多く、日本語化ファイルも探せば入手出来ることもありますが、転送して適応させるのにも少し知識が必要です。

そんな適応方法をここでは公開します。(備忘録)
翻訳ファイルを手に入れたけどどうやって適応させるのかわからない方へ向けての記事です。

当社運営サイトでもプラグイン翻訳ファイルの販売を行なっています。
DL商品なので購入後すぐにDL可能なので即時利用可能です。

ダウンロードアイテム販売ページ

翻訳ファイルとは?

翻訳ファイルと勝手なネーミングをつけて呼びましたが、プラグインの言語を翻訳するためのファイルです。(当たり前)

英語ばかりでわかりにくいプラグインも、このファイルを転送すればあっという間に日本語でわかりやすいプラグインへと早変わりするので日本人にはとってもありがたいファイルです。

英語表記のまま使用する事も可能だとは思いますが、ネイティブ言語じゃないと少し使わない期間があると使い方に自信がなくなってきてしまいます。

日本語表記になっていると見ればすぐに使い方がわかったり、思い出せたりするので安心ですね。

そんな素晴らしい翻訳ファイル、ぜひ手に入れて使用しているプラグインは使い方がわかるように、使いやすいようにカスタマイズしておきましょう。

ファイルの種類

翻訳ファイルの種類は「.mo」ファイルです。
配布されていたり購入したりする事で入手可能です。

ちなみにファイル名には言語が表記されています。
「○○-ja.mo」といった表記になっていて、「ja」の部分が日本語を意味します。

DLした後にファイルを解凍すると「.mo」ファイルと「.po」ファイルが入っている場合がありますが、翻訳で使うのは「.mo」ファイルのみなので「.po」ファイルは転送する必要はありません。

まずはサーバーのディレクトリのpluginフォルダから「.po」ファイルを複製して本体に保存。
専用ソフトで翻訳データを書き込んでいきます。

「WordPressのインストールフォルダ」の中
wp-content > plugins > 翻訳したいplugin > languages

翻訳データを書き終えると「.mo」ファイルへコンパイルして翻訳済みの「.mo」ファイルを作成します。
完成した翻訳済み「.mo」ファイルをサーバーのディレクトリのlanguageフォルダへ転送して翻訳完了。

「WordPressのインストールフォルダ」の中
wp-content > languages > plugins

つまり「.po」ファイルは翻訳するために編集するためのファイルです。
languageへの転送は言語を適応するための「.mo」ファイルのみでいいのです。

転送方法

翻訳された「.mo」ファイルを転送するだけで簡単に言語が変わります。

転送方法についてはサーバーがFTPに対応しているならFTPソフトを使ってファイルをアップロードする事が可能です。
利用しているサーバーにより異なるので確認してみましょう。

FTPソフトを使いディレクトリの翻訳ファイルをアップロードする場所へ転送しましょう。

FTPとは「File Transfer Protocol」の略
ファイルを転送するための通信規格です。

クライアントとサーバ間で、ファイルのアップロードやダウンロードを行うときに使われるプロトコルです。

転送時にファイル名をしっかり確認してください。
ファイル名がプラグインの名前になっていなければちゃんと認識しません。
必ず「.po」ファイルを入手する場所に入っている元ファイルと同じ名前の日本語ファイルの名前がついていないと違うプラグインの翻訳ファイルと認識されてしまい動作しないのです。

転送場所
「WordPressのインストールフォルダ」の中
wp-content > languages > plugins

転送後はWordPress管理画面から一度ログアウトしてログインし直せば該当のプラグインは翻訳完了しています。
アップロードする場所を間違えないようにディレクトリを注意して開きましょう。

FTPってなに?って思っているあなた!!
安心してください!!!他にも方法はもちろんあります。

「File Manager」というWordPressプラグインを導入すればWordPressの管理画面からサーバー内へファイルを転送する事ができるようになるのでFTP対応していないサーバーをお使いの場合やFTPと聞いてもよくわからない方でも安心です。

日本語化した後は

言語を変更してプラグインは格段に使いやすくなりました。

これで安心してプラグインを使いこなせる訳なのですが、日本語化ファイルはプラグインのアップデートを行うとほぼ100%消えてしまって元の言語になってしまいます。

なのでプラグインをアップデートする場合、アップデートする度にファイル転送をし直す必要があります。
日本語化したから安心してしまって翻訳ファイルを消してしまったりしないようにまとめて保存しておきましょう。

プラグインのアップデートも運営していく上で大切な操作です。
アップデートした後に翻訳ファイルがなくなってしまってもすぐに対処する事ができるように翻訳ファイルはわかりやすく管理しておきましょう。

フロントエンドの表記にも影響を与える場合があるので注意が必要です。

feedback

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

hanchan

Twitter廃人はんちゃん 夜にめっぽう弱く寝落ち王!! サイト複数運営の起業家 人の役に立つ情報を発信したい Twitterフォローしてねっ♪

-お役立ち
-, , ,