WEBマーケティング部 お役立ち

SEO対策を解説&方法のご紹介|サイトのアクセスアップを狙うために


サイト運営には必須

サイトを運営に重要な役割を果たすSEO。
当たり前のように根付いている言葉なので「何となくはわかるけど詳しくはわからない」なんて人も多いはず。

そんなSEOを徹底解説
アクセスを集めるために必ず必要な事なのでしっかり対策を行って下さい\_(・ω・`)ココ重要!

SEOって何

SEOとは、 Search Engine Optimization の略
日本語では 検索エンジン最適化 と呼ばれます。

GoogleやYahoo!などの検索サイト上で、ウェブサイトが検索結果として上位に表示されるように対策することを SEO対策 と呼びます。

それでは今回のコラムはここまで…
アクセス頂きありがとうござ…………。

サイトアクセス数は急降下していきそうなのでもう少し深掘りしていきましょう( ̄▽ ̄;)

対策しないと読んでもらえない

SEO対策をしない場合、あなたが作るサイトの内容がどれほど有益な情報だったとしても誰も読んでくれません。
みんなケチだから読んでくれないんですよ!

はんちゃん

ってちゃうちゃうww

インターネットで調べ物をする時あなたならどうしますか?

そうですね。
知りたい内容をワードに分けて検索しますよね?

Google検索

こんな風に調べたい事を検索します。

すると関連した情報が記載されているページがずらっと並んで出てきます。
出てきた結果をあなたはどのように選んでどのくらいのサイト数を読みますか?

タイトルやその下に出ている短い文章など、表示される情報を参考にします。
その中で良さそうなページを2~3サイトほど読みませんか?

はんちゃん

これがあなたのコンテンツが読んでもらえない原因なんです。

アクセスして読んでもらう為には

  • キーワードが適切
  • 検索結果に表示される文字が適切
  • 上位に表示される

などの条件が必須となります。

そしてそれらの条件を揃えるために必要なのが
『SEO対策』

読んでもらえるために最適化する。
上位表示するためにサイトへの流動を増やす。

それでは具体的な方法に触れていきましょう。
ここではGoogle検索を例に解説します。

キーワードの選定

自分のページを見てほしいと考える相手が検索時に入力しそうなキーワードを的確に選定する事でサイトを見つけてもらいやすく、読んでくれる相手からの有効クリックを得る事ができます。

『検索ボリューム』をチェックしましょう。

はんちゃん

実際にそのキーワードで検索する人の数はどのくらいなのか?
これを「検索ボリューム」と言います。

ビックキーワードスモールキーワードを数多く調べて自分のコンテンツに合ったキーワード選定をする事により興味を持ってくれそうな人をうまくサイトに流動させていきます。

ビックキーワード
>検索ボリュームが大きいが競合も多い
スモールキーワード
>複数の組み合わせや限定的なキーワード

検索ボリュームを調べるツールは様々

はんちゃんは
aramakijake.jp
さんや

Google広告

のキーワードプランナーを使わせてもらう事が多いです。
※手軽に簡単に使える

Google広告に関してはその名の通り、広告を打つ事が出来るので手っ取り早く上位表示させる事が可能な裏技です。
Google広告とは?

情報過多の今の時代、さまざまなキーワードで検索されてもどれも上位表示されるサイトなんて作るのは不可能です。

「どんなキーワードで検索する人をサイトに誘導するのか」を限定して特化した専門サイトを作りましょう。

ブルーオーシャンの中のレッドオーシャン
つまり多くの人が興味を持っているジャンルの中でのニッチな情報なんてのがアクセスが伸びやすい傾向にあります。

ページ内要因を最適化

SEO対策としてまずは各ページを最適化します。

基本的に訪問者はサイトのトップページを経由して各ページを回るわけではありません。
多くの場合は検索から直接調べたい内容のページへとアクセスするでしょう。

つまり、各ページを最適化する事でサイト全体が最適化されていくのです。

森を育てるには木を育てる。
のような感覚ですね。

サイト内の各ページを最適化していきましょう。
コンテンツの内容は専門的であるほど良いです。

訪問者が読みたいと感じるのはどんなページでしょうか?
調べ物を検索する時、あなたはどんなページを探しますか?

はんちゃん

詳しくわかりやすいページが良いですね♪

詳しく知りたいけど文字ばかりだと読みにくいしわかりにくい。
ページを見た人が得たかった情報をわかりやすく丁寧に書けば書くほど検索エンジンからの評価も上がるのでどんどん上位表示されるようになっていきます。

つまり読み手が有益だと思えるページ
アクセスも自然に増加していきます。

読みやすくするための工夫として補足やイメージの画像を程よく使い、視覚的にも見やすいページを作る事が大切です。

文字ばかりがひたすら並ぶページでは有益な情報が並んでいても読むのに疲れてしまい理解力にも影響が出ます。
アクセスしてくれた事でしっかりと情報を理解してもらえる。
この結果が評価につながります。

専門用語や難しい表現を使う時などは補足を入れたり参考記事へのリンクも大切です。
読み手が理解できないと意味がありません。
誰が読んでもわかるようなわかりやすいコンテンツに仕上げましょう。

ここから先は少し専門的な内容。
ページのメタタグを最適化していきます。

metaタグ(メタタグ)とは、検索エンジンやブラウザなどのシステムに向けて情報(メタデータ)を伝えるためのHTMLタグ

HTMLコードのheadタグの間に記述する内容の事を表します。

<html>
<head>
※ここにmetaタグを記述
</head>
<body>
</body>
</html>

ページ訪問者はあまり見る機会はない「ページのソース」に記述されている内容ですが、SEOには大きく影響を受けます。

特に重要な6つのメタタグをご紹介します。
最適化していきましょう♪

ページのタイトル(タイトルタグ)

<title>タイトル名</title>

ページのタイトルには大きな効果があります。
検索したユーザーが調べたい物を探すときに最初に見るのがタイトルだからです。

タイトルがいかに魅力的な物で調べたい内容に沿っているか、興味をそそる内容かどうかにより、そのタイトルの下に書かれている小さな文字(MetaDescription)を読んでもらえるかどうかが決まります。

つまり検索したユーザーがあなたのページへ興味を向けてもらうための最初のアピールポイントです。

Googleのヘルプから抜粋

タイトルは、検索結果のコンテンツをユーザーが一目でわかるように表示し、クエリとの関連性が高い理由をはっきりと伝えるうえで不可欠です。
どのサイトをクリックするかはタイトルで決定することが多いため、ウェブページには質の高いタイトルを付けることが重要です。

タイトルリンクを制御する-Google Search Consoleヘルプ

タイトルには前半に重要なSEOキーワードを含むタイトルをつける事が重要ですが、キーワードを乱用しすぎるとユーザーの利便性を低下させる行為となり、Googleやユーザーから不正行為と扱われ評価が落ちてしまうので注意が必要です。

また、検索結果に表示される文字数を超えた場合、タイトルが省略されて表示されるので大切なキーワードが省略されてしまう可能性が出てきてしまいます。

PCの検索結果で30〜35文字
スマホの検索結果で36〜41文字程度

表示される文字数を考慮して、全てのデバイスに最適なタイトルをつけようとすると、35文字以内で前半に重要なキーワードを含むタイトルをつけるのが理想的。

検索クエリとの関連性を考慮したタイトル
つまり、検索ユーザーが求めている情報をタイトルに盛り込んでタイトルでページ内容を知れるような簡潔な文章にする事でユーザーの利便性を向上して目当てのページを見つけやすいタイトルにしましょう。

Meta Description(メタディスクリプション)

<meta content="概要文" name="description">

Meta Descriptionはページの簡単な概要文
検索した時にページのタイトルの下に出ているページ内容を教えてくれる小さな文字のアレです。

120文字程度で表す事ができますが、スマホの検索結果の場合は表示されるのは80文字程度なので前半に大切なキーワードを配置します。

検索したユーザーがページへアクセスする為に参照する最も重要な部分なのでしっかりと記述しましょう。
もちろん嘘や内容にそぐわない物を記述してしまうとアクセスしたユーザーからの悪評に繋がるのでマイナス効果です。

しっかりとユーザーに有益な情報を届けられるように最適な文を考えましょう。

検索ユーザーはこのメタディスクリプションを見て端的にページの中身を知る事ができます。
「探している情報が載っていそうだな」と目につき興味を持ってクリックしてもらえるのです。

現在Googleには161個のランキング順位決定要素があり、その中に「メタディスクリプション」やCTR(クリック率)の要素も含まれているので検索順位にも影響を与えます。

ただし、キーワードの詰め込み過ぎには注意です。
キーワードスパムと認識されてしまいマイナス評価を受ける事もあるのでキーワードは適正に、必要に応じた量を組み込みあくまでわかりやすいユーザーファーストなメタディスクリプションを記述してください。

はんちゃん

適切な記述が評価を高めます♪

OGPタグ(meta property属性)

<meta property="og:title" content="ページの タイトル" />
<meta property="og:description" content="ページのディスクリプション" />
<meta property="og:type" content="ページの種類" />
<meta property="og:url" content="ページの URL" />
<meta property="og:image" content="サムネイル画像の URL" />
<meta property="og:site_name" content="サイト名" />
<meta property="og:locale" content="ja_JP"  />

Open Graph Protocol(OGP)
FacebookやTwitterなどのSNSで共有(シェア)された際に、ページのイメージ画像やタイトル、ディスクリプション(概要文)、URLなどを正しく表示させる仕組みのことです。

OGPタグ(meta property属性)は、シェアされた際のクリック率に大きく関わるため、SNSからの流入を考えている方はしっかりと設定しておきましょう。

文字コード(meta charset属性)

<meta charset="utf-8">

html文書の文字エンコーディング(入力されたデータを他の形式へ変換すること)を指定するmetaタグ

文字コード(文字や記号に割り当てられたコンピュータが認識するための数字)を指定していない場合、日本語で作成したサイトに英語版ブラウザからアクセスした場合、文字化けが起こる可能性があります。
日本語のサイトでは必ず書きましょう。

世界共通のUnicode『UTF-8』や日本語の文字コード『Shift-JIS』などを使用します。

ビューポートタグ(meta viewport)

<meta name="viewport" content="width=device-width,initial-scale=1">

モバイル端末でのページ表示をブラウザに指定するタグ

スマホユーザーの増加により、Googleもスマホユーザーの評価をインデックス基準を打ち出すなど(モバイルファーストインデックス)、スマホユーザーに向けての対応が必須となっています。

ビューポートタグをしっかり設定してスマホへの対応を行いしっかり対策しましょう。

noindex,nofollow(meta robotsで指定)

<meta name="robots" content="noindex,nofollow">

Googleなどのクローラー(ページをインデックスしにくるロボット)に対して
・ページをインデックスさせない
・リンクしているページはクロールさせない

ようにするためのメタタグです。

低品質なページや内容が重複しているページなどはSEOのマイナス評価を受ける場合があります。
そういったページをインデックスさせない事でマイナス評価を避ける効果があり全体的なSEOに効果的です。

内部リンク

検索エンジンのクローラーはリンクを辿りながら情報をインデックス化していきます。

つまりクローラーが巡回しやすいように適切なリンクを最適化する事でサイトの評価アップに繋がり、表示順位を上げる事に繋がるのでリンクの最適化は非常に大切なSEO対策です。

内部リンクとは?

内部リンクとは、外部サイトへのリンクではなく、自サイトへのリンク。
製作者側で完全に調整可能なので定期的に確認をして最適化していきましょう。

内部リンクの効果は2種類
・クローラーの巡回効率アップ
・被リンクとしての効果

クローラーがサイトの隅々まで巡回しやすくするために内部リンクを設置する事でサイト評価を高める事に直接繋がります。

クローラーが巡回しやすくなるという事は、ユーザーもサイト内を巡回しやすくなるためコンテンツが探しやすくなるためさらなる高評価につながる対策です。

続いて最も大切な効果

被リンクとしての効果

被リンクとは、外部サイトから自サイトのあるページに向けて貼られるリンクの事。
他人のブログなどで自サイトのリンクが紹介されたりする事を言います。

Googleは質の良い被リンクを獲得するサイトを評価する仕組みをとっているので、SEOには良質な被リンクを獲得する事を必須としているのです。

良質な被リンクとは

  • リンク元とリンク先に関連がある
  • リンク元のコンテンツが高評価
  • 自然なキーワード選定のアンカーテキストがある

良質な被リンク=自然アクセスされるリンク
を多く獲得する必要があります。

内部リンクを実践!

重要な内部リンクを理解したらすぐに実践♪
簡単に出来る実践するべきポイントをご紹介

パンくずリストを作成

パンくずリスト

上位の階層から順にリスト表示してリンクが設置されるパンくずリストはユーザーにとって階層構造を直感的に判断できる効果があり、クローラーの巡回しやすさも向上する大きな役割を果たす重要な対策です。

パンくずリストを設置するだけで簡単に有効な内部リンクを作れます。

サイトマップを作成

サイトマップ

サイト構成を一覧で表示
クローラーの巡回やユーザーの使いやすさ
両面から重要な役割を担います。

規模が大きいサイトではユーザーが迷子になってしまい目当てのコンテンツにたどり着かなくなってしまったり、クローラーが隅々まで巡回できなくなってしまいます。

サイトマップを作成することにより、全てのページへの内部リンクが設定されるため、クローラーの巡回向上が期待できます。

当サイトのサイトマップ

サイトマップの構成に決まりはありません。
お好きなデザインでお好きなように作成して良いと思いますが、視認性がよくわかりやすい物を作成しないと意味がないのでご注意ください。

キーワードをテキストに使う

リンクテキストでよく見るのが
「詳細はこちら」などの漠然としたテキスト

前後の文面を読めばそれでも意味は通じるとは思いますが、せっかくリンクを貼るのであればわかりやすい言葉で設定してユーザビリティを向上させましょう。

ただし必要以上にキーワードを乱発したり、不自然に大量のリンクを設置するとスパムと捉えられる可能性もあります。
自然に意識しながら最適化を行う事でリンク先への流動も増え評価に繋がります。

重要なページに集める

内部リンクは被リンクとしての効果もあると前述しました。

つまり、評価を上げたい重要なページに内部リンクを集める事で多くの被リンクを獲得するページを作り出します。
トップページなど、被リンクの多い評価を高めるページを作り、そこから内部リンクを貼る事で新着ページの評価を上げたり重視したいページの被リンクを自由に作成できる最強のコンテンツページを作り上げます。

内部リンクまとめ

外部対策と違い、サイト運営側で自由に調整可能なSEO対策なので必ず行いましょう。

クローラーの巡回向上はもちろんの事、ユーザビリティも大きく向上する重要な施策です。
内部リンクを最適化する事で検索順位も上がり、訪問者が自然に増えていく事でしょう。

全ページで内部リンクを最適化するのは大変な作業ですが、大きく結果に繋がる施策なのでぜひ実践してみてください。

外部リンク

外部リンクとは、自サイトと他サイト間のリンク

具体的には
自サイトへのリンク(被リンク)
自サイトから外部へのリンク(発リンク)
の事を表します。

「被リンク」の事を外部リンクと指す事が多い。
この外部リンクは、Googleがサイトを評価するための最も重要な要素となり、SEOに取り組む人は外部リンクの重要性を認識してしっかりと対策してください。

悪い外部リンクもある

外部リンクは自サイトの外、つまり他人が自サイトへ向けて貼り付けたリンクの事を指します。

当然ユーザーの利便性に欠如した低評価サイトからの悪質なリンク(スパムリンク)も自然と集まってきます。

  • 良いリンク
    ユーザーファーストな良質コンテンツを提供する高品質サイトで自然とユーザーに参照されるリンク
    (ナチュラルリンク)
  • 悪いリンク
    プログラムやツールなどで自動的に貼り付けられるリンクで低品質なサイトなどからも自動で貼り付けられるリンク
    (スパムリンク)

外部からの被リンクは、管理者がコントロールして増やす事ができないため、定期的に外部リンクをチェックしてスパムリンクがあればそのリンクを削除や否認して悪いリンクを排除。

被リンクを管理し、質を高めていくことがSEOにおいては最も重要な外部リンク施策です。

悪い外部リンクを削除する

Google Search Consoleへまずはログイン
初期設定などを行なっていない場合は設定してください。

Search Console(サーチコンソール)とはGoogleが提供するインターネット検索の分析ツールで通称「サチコ」と呼ばれるSEOには欠かせないツールです。

概要や導入方法などは
こちらの記事
を参照してください。

全ての被リンクを調べましょう。

サーチコンソール内

ダッシュボードメニューの「リンク」を押せば「外部リンクをエクスポート」が可能です。

URLが一覧で表示されるので悪い外部リンクを精査します。

否認するリンクのリストを作成

  • テキストファイルで作成
  • 1行につき1つのサイトのURLを記述
  • UTF-8 または 7-bit ASCII でエンコード
  • ファイル名の末尾は .txt
  • URL の最大長は 2,048 文字
  • 最大ファイルサイズは 100,000 行

テキストファイルに否認リンクの一覧を作り保存
サーチコンソールへ否認リンクとしてアップロードします。

リンク否認ツール

外部リンクについては他人が勝手に貼り付けてしまい悪い外部リンクは自然に発生します。
定期的に確認してこまめに否認しましょう。

Google広告

最後はちょっとした裏技です。

Google検索をすると上位表示されるページはほぼ全て「広告」のページです。
つまり広告費を払ってるページが優先的に上位表示されるのです。

つまり主力となるページを作成した際

  • Google広告へ出稿
  • アクセスを集め被リンクを獲得
  • ある程度の認知度確保
  • 広告停止

この流れで比較的に早い段階で主力ページの上位表示が叶います。

広告費は後払い形式でクレジットカード払い
Googleのアカウントがあれば簡単に利用できるのでおすすめです。

Google広告へ

設定の方法によっては比較的に安いクリック単価で設定ができるので予算に合わせて広告を出稿することが可能。
使いすぎないので安心です♪

はんちゃんは1クリック1円程度の単価で1日100円前後、つまり毎月3000円程度の広告をその時々の主力ページの広告を出稿。

Google広告の管理画面

1月7日〜2月21日までの広告出稿期間でのキャンペーンの成果
1万インプレッションに対して4890アクセスと順調なパフォーマンスでそれに対する費用が5260円と高コスパ

「参考サイト」などの良質な被リンクを獲得したので満足の結果を得られました。
広告を外しても該当ページはそれなりのアクセスを集められる実績がついたので成功と言えるだろうと思います。

このように広告をうまく使い、課金という方法で無理やりアクセスを集め、多くの人に知ってもらい良質な被リンクを集める「裏技的な方法」もサイトを育てるためには有効な手段です。

まとめ

SEO対策は様々な施策があります。

今回紹介した方法以外にも無数にSEO最適化の対策方法は存在します。
あなたのサイトに合った方法をいろいろ試してみてください。

共通して言える要素は2つ

  • クローラーの巡回最適化
  • ユーザビリティの向上

この2点を意識してアクセスユーザーに有益な情報を提供し続ける事でサイトの評価を上げていきましょう♪

SEOは一朝一夜では対策できません。
日々コツコツ積み上げてきた結果が上位表示につながり、サイトの活性化に繋がります。

手を抜かずにしっかり対策しましょう♪

feedback

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

hanchan

Twitter廃人はんちゃん 夜にめっぽう弱く寝落ち王!! サイト複数運営の起業家 人の役に立つ情報を発信したい Twitterフォローしてねっ♪

-WEBマーケティング部, お役立ち
-, , , ,