LINE

【LINE】機種変更して新しいスマホに旧端末で使っていたLINEを引き継ぐ方法


機種変更

年齢問わず、多くの人が使っているコミュニケーションツール
機種変更に伴い、LINEが消えてしまったという話をよく聞きます。

機種変更で間違えた操作をしてしまうとLINEは初期化されてしまうので注意してしっかりデータを引き継ぎましょう。
今回の記事ではそんなLINEの引き継ぎ方法をご紹介します。

しっかりと落ち着いて操作すれば難しいことはありません。
誰でも簡単に引き継げるのでご安心ください。

検証端末

iPad Air 第四世代
iPadで検証していますが、iPhoneでもほとんど画面遷移は変わりません。

引き継ぎが出来るもの

LINEの引き継ぎと言っても、必ず全てを引き継げる訳ではありません。

LINEには引き継げるものと引き継げないものがあります。
まずは引き継げるものを把握しておいて、引き継げないものの中に必要なものがある場合は消えてしまっても問題ないようにしっかりデータを移しておきましょう。

LINEで引き継げるもの

友達やグループのリスト
スタンプや着せ替えの購入履歴
トーク履歴※
自分のプロフィール
KEEPに保存済みの内容
アルバムやノートに投稿した内容
LINEコイン残高※
LINE outのチャージ済みクレジット※
LINE連動のアプリ情報

※項目
iOS端末からiOS端末、
Android端末からAndroid端末の場合のみ

トークルーム内にある送受信した写真や動画などのデータは高確率で見れなくなります。
確実に残したい時は機種変更前の端末で本体に保存しましょう。

旧端末での事前操作

LINEは引き継ぎをする時に、事前に旧端末で引き継ぎ準備が必要です。
旧端末を紛失していたり、破損により操作不能だった場合はそのまま引き継ぎを試みるしか無いですが、うまくいかない場合もあるので可能であれば旧端末で先に引き継ぎの準備をしましょう。

はんちゃん

機種を下取りに出したりする場合は要注意だね。
先にLINEの引き継ぎはしてしまいましょう。

メールアドレスを登録する

まずはLINEにメールアドレスを登録します。
万が一パスワードがわからなくなったときにパスワードをリセットするために必要なメールアドレスなので無くても特に問題はありませんが、念のためついでに行っておくと安心です。

既に登録済みの方も無視して次に進んでください。

LINEのホーム画面

まずは左下の『ホーム』を押してLINEのホーム画面を開く。

次に右上の「設定(歯車マーク)」を押してLINEの設定を開きます。

設定画面の上部

まずは「アカウント」の部分を押してアカウント情報を表示

はんちゃん

現在利用可能な電話番号でないと引き継ぎ出来ません。
機種変更のついでに番号が変わっている場合などは必ず着信可能な番号に変更しておきましょう。

メールアドレスの登録・変更

メールアドレスの部分をタップするとアドレス登録画面となります。
すぐに認証番号を受信しないといけないので、受信可能なメールアドレスを入れましょう。

ドメイン指定などをしている方は先に設定を解除しておいてください。

認証メールを受信

あとはメールに記載の認証番号をLINEの画面に入力すればメールアドレスの登録が完了です。
今後のためにも是非、登録しておいてください。

パスワードの変更

確実に間違えていないパスワードを覚えているのであればこの項目も飛ばしてしまっても大丈夫です。

LINEは電話番号とパスワードでログインします。
パスワードがわからないとログイン出来ないので確実にわかるものに変更しておきましょう。

パスワード変更画面

パスワードの項目をタッチするだけで簡単に変更画面になります。
パスワードを忘れてしまっていても入力する必要なく新しいパスワードを作成するだけなので自信がない方は必ずパスワードをわかるものに変更しておいてください。

トークのバックアップ

続いてLINEのトークのバックアップです。
この操作をしておかないと引き継いだときに今までのトークは全て消えてしまいます。

iOS端末の場合はiCloudにトークをバックアップします。

「iCloudのLINEの項目がONになっているか確認しましょう」
設定>1番上の名前のメニュー(AppleIDメニュー)
>iCloud>LINE

設定アプリのiCloudのページ

基本的にはONになっていると思います。
一応念のため確認しておいてください。

トークのバックアップを取る方法

①LINEの設定を開く
②「トーク」の項目を開く
③「トークのバックアップ」
④「今すぐバックアップを作成」

トークのバックアップ操作の流れ

ちなみに「バックアップ頻度」の項目を設定することで定期的にバックアップを自動で作成する設定を作る事も可能です。

LINEのトークを重要視している方は定期的にバックアップを取る設定にしておくと便利です。

Androidの端末の場合

Android端末の場合は「Googleアカウント」にバックアップを作成します。

Androidのトークバックアップ画面

バックアップの保存先がiCloudかGoogleアカウントで違うため、iOS端末とAndroid端末の機種変更の場合はトークのバックアップは引き継げないので注意が必要です。
※課金アイテムもApp Storeに支払っているアイテムかplay Storeに支払っているアイテムで違いがあるため、コイン残高なども同様に同じOS端末でないと引き継げない仕様となっています。

アカウント引き継ぎ設定

さて、トークのバックアップも無事に終わるとあとはアカウントを引き継ぐ事前設定のみです。

これは無理にONにする必要もない項目なのでなぜ存在するのかは分かりませんが、設定がある以上はONにしておいた方がいいんだと思うので一応しっかりONにしておきましょう。

この設定がONに出来ない状況(紛失や破損などの場合)でもちゃんと引き継ぎは出来ましたのでご安心ください。

引き継ぎ設定

36時間以内に引き継いでくださいと表記されカウントダウンが始まります。
これで引き継ぎ設定として操作する旧端末の操作は終わりです。

くどいようですが、トークルームに送られている大切な写真や動画は本体に保存しておきましょう。
引き継いだ後はもう旧端末でLINEを開く事が出来なくなります。

新端末でログイン

あとは新しい端末でLINEをインストールしてログインするだけです。
LINEログインは電話番号とパスワードを使います。

開いた時の最初の画面

えっ?LINE初期化されてる?
って心配になりたくなる画面ですが安心して下さい。
履いてますよ。ちゃんとログインしたら戻ります。

間違えずに必ず『ログイン』から進んで下さい。

間違えて「新規作成」から進んで電話番号を使ってしまうと旧端末で使っていたLINEのアカウントが消えてしまいます。

電話番号認証

ログインは基本的には電話番号で認証します。

LINEで登録している電話番号を入力して認証番号のSMSを受信しましょう。
認証番号入力画面で下記「通話による認証」を押せばSMSではなくて電話がかかってきてガイダンスで認証番号が伝えられます。

固定電話など、SMSが受信できない電話番号を使っている場合は通話による認証で進んで下さい。

050から始まるIP電話など、一部登録に使用できない番号も存在します。

アカウント確認とパスワード入力

おかえりなさい、『LINEで登録してる名前』!
ここで名前を見てアカウントが旧端末で使っていたアカウントと同じかどうかちゃんと確認してください。

旧端末からデータ移行をバックアップから復元していてLINEのアプリを新規ダウンロードしなかった場合はLINEを開いた最初の画面がこの画面の場合があります。
その際はここから進んで下さい。

パスワードを入力するとログインされます。

ログイン後に最初に出てくるのはトークの復元
バックアップしている場合は復元をしましょう。

緑の部分をタッチし続けるだけの簡単操作です。
Androidの場合はGoogleアカウントの選択画面がワンクッション入ります。

次は友達自動追加の設定が出てきます。

友達自動追加の設定画面

この設定は要注意です。
チェックが入ったまま進めてしまうと、繋がろうと考えていなかった人まで大勢LINEで友達追加されてしまいます。

友だち自動追加

スマホの電話帳に登録している番号でLINEに登録されている場合、その相手のアカウントが自動的に友達追加されます。
※「友だちへの追加を許可」の設定をONにしている相手のみ追加されます。

友だちへの追加を許可

あなたの電話番号を電話帳に登録している人のLINEアカウントへ自動的に友達追加されていく機能です。
※電話番号検索でヒットするようにする為にもこの設定がONになっている必要があります。

こちらは両方とも、不特定の人と多くつながってしまうので追加したくない人がいたりした場合も自動追加されてしまいます。

友達追加すると相手にもわかってしまうため、OFFを設定しておくことを推奨。
必要に応じてONに切り替えてください。
いつでも設定変更は可能です。

このあとは初期設定がいくつか出てきます。

年齢確認

検索機能などの機能を使えるようにする設定です。
いつでも設定から可能なので必要に応じて行ってください。

設定方法

年齢確認の方法

位置情報(任意)

ONにすることにより、大規模災害時の緊急速報や今いるエリアの天候の変化などを受け取ることが可能となります。
任意設定なので必要に応じて同意しなくても大丈夫です。

LINE Beacon(任意)

近くのお店で使えるクーポンなどを受信することが出来る機能。
こちらも任意なので必要に応じて同意してください。
あとで設定からいつでも変更できます。

友達を連絡先に追加(Androidのみ)

Googleアシスタントの機能を使いLINE電話をかけたりチャット送信をしようとすると、連絡先にLINEアカウントの連絡先が入っている必要があります。
そのため、LINEで友達追加すると自動的に電話帳に追加されるように設定する機能です。
電話帳が2件ずつとかになってしまい普通の電話と間違えてしまいやすくなるのであまりいらない機能だと思っています。

通知の許可

LINEでメッセージを受信したり、LINE電話がかかってきた時に音を鳴らしたりアイコンに数字のマークを出したりするために必要な機能です。
ONにしておいた方が便利だと思います。

写真へのアクセス(ストレージ)

トークなどで写真や動画を送信するために写真アプリ(Androidの場合はストレージ)へのアクセスに許可が求められています。
全ての写真へのアクセスを許可しないとトークルームから写真を送信する事が出来なくなったり、あらかじめ選択しておいた写真しか送信できなくなってしまいます。

全ての写真へのアクセスを許可しておいた方が便利かと思います。

連絡先へのアクセス許可

これをONにしておかないとLINEの招待メールを送ったりする際、相手のアドレスを手入力で入力する必要が出てきます。
連絡先を参照してアドレスを入力したりする事に許可を求められている項目です。

引き継ぎが終わったあとは

スタンプや着せ替えなど、課金アイテムを再びダウンロードすることで引き続き使用することができます。

旧端末でスタンプなどをダウンロードして使っていた場合は再ダウンロードしましょう。
購入履歴は引き継がれているので再度購入する必要はありません。

参考記事

スタンプや絵文字を再ダウンロードする方法

念のため、友達リストやトークなどが無事引き継がれているか確認しましょう。
LINEの引き継ぎはこれで完了なので引き続き同じアカウントでLINEが利用できます。

まとめ

LINEの引き継ぎには旧端末での事前準備が必要です。

故障や紛失などで旧端末を操作出来ない場合は仕方ないのでぶつけ本番の操作を行いますが、旧端末が操作可能な場合は確実に引き継ぐためにまずは事前準備をしっかりしましょう。

確実にパスワードがわかる状態であり、ちゃんとSMSが受信できる電話番号(音声通話が可能な番号でも可)が登録されている確認をした上で新端末でログイン操作を行いましょう。

しっかりと準備が出来たらちゃんと引き継げます。
ご安心ください。

iOS端末→Android端末
Android端末→iOS端末

上記のようにOSが変わってしまう場合はトーク履歴や課金済みの残高に関しては引き継げません。
購入履歴は引き継げるので全て使い切ってから引き継ぎましょう。

はんちゃんの公式LINEのご紹介

はんちゃんの公式LINEでは記事のリクエストも承りしております。
スマホ操作で記事にしてほしい内容や知りたい情報、読みたい記事などお気軽にリクエストください。

公式LINEの使用方法

  • 無料記事のリクエスト
  • 有料記事の先行読者募集(無料提供)
  • あなたのコンテンツを無料宣伝
  • 個人相談チャット
  • etc…

はんちゃんからの配信は少なめです。
お気軽にお友達追加してご利用ください。

もちろん応援のメッセージなども大歓迎
泣いて喜ぶかもしれません!!

公式LINE友達追加はコチラから

feedback

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

hanchan

Twitter廃人はんちゃん 夜にめっぽう弱く寝落ち王!! サイト複数運営の起業家 人の役に立つ情報を発信したい Twitterフォローしてねっ♪

-LINE
-, , , ,