pickup 自社Promotion

【Locany】電子書籍出版サービス開始♪あなたの執筆を電子書籍にして出版します


誰でも出版可能

こんにちわ♪
Locanyスタッフの岡本奈々です。

奈々は文章を書くのが好き。
小さな時から本を読むのが好きでたくさん読んできたから執筆にも興味があってずっと憧れてたの。

そんな奈々は会社で電子書籍出版のサービスを起案しました。
奈々のように文章を書いてみたい人、販売して収益を得たい人の執筆した文章を出版して世に出す、そんなビジネスをプロジェクトとして起案して提出しました。

奈々が所属する会社(Locany)では所属するスタッフに平等にチャンスがあります。
プロジェクトを起案したら絶対にCEOであるはんちゃんが目を通してくれます。

面白い、稼げそうと判断されたらそのプロジェクトが未完成であっても、採用してくれます。
そしてそのプロジェクトを形にするために必要な知識や人脈を用意してくれて作り上げる手助けを全力でしてくれるので形になる可能性が非常に高いです。

こうして業務が多岐に渡り会社が大きくなっていくというスタイルです。

奈々が考案した出版サービスは見事可決。
2022年から始動してビジネスとして取り入れようとなりました♪

通常の本の出版は大変

本の出版にはかなりの労力や費用、出版社とのつながりも必要です。
本の出版と聞いてどのような方法を思いつきますか?

本の出版には

  • 著者が出版費用を出す『自費出版』
  • 出版社が出版費用を出す『商業出版』
  • 著者と出版社の双方が出版費用を出す『共同出版』

の3種類の方法があります。

出版費用については
ページ数、部数、判型、カラーページ数などにより大きく左右します。

費用を抑えた設定で作成しても少なくても100万円くらい、多くなると1000万円くらい費用がかかってしまうので売れるかどうか確証のない本を出版する費用としては非常に大きな出費となり非常に高い敷居となります。

商業出版

出版社に執筆した作品を売り込み、商業出版してもらう以外では大きな出費が必要となるので売れなければ大赤字なんて事にもなりかねないのです。

ですが、商業出版してもらった場合売れた時の取り分(印税)がどれだけベストセラーになったとしても通常10%程度です。

これは出版社が初期費用である『リスク』を負っているから当然の事ではあるのですが、本を書いて収益を得ようと考えるのであればよほど売れる本を執筆しないと収入としては大きく期待はできないような取り分となります。

出版社も赤字を出しては商売になりません。
つまり、商業出版は制作費用を回収できる程売れると確信を得た作品しか出版してくれませんのでなかなか狭き門でもあるのです。

仮に200万円の出版費用がかかるとします。
200万円を回収するために1000円の設定でも2000冊売っただけでは回収できません。
先に説明した印税も含め、流通や広告などにも経費がかかるので、200万円を回収するために少なくても4000冊くらいは売らなければいけません。

出版社が『この本なら売れる!』と相当強い確信を得ないと商業出版はしてもらえません。

商業出版は芸能人の著書、過去に売れた実績のある人の著書、メルマガ登録者10万人などのネットワークを構築している人の著書などがほとんどとなり、初めての出版で実績も知名度もない場合はなかなか厳しい現実なのです。

出版費用を出版社が出してくれると言うことは、このように出版社がビジネスとして取り組む出版なので相当売れるであろう確信の持てる作品である必要があるため、どうしても出版したい人は自費出版を選ばざるを得ない状況なのです。 

自費出版

自費出版の場合は商業出版に比べ比較的に多くの印税を得ることも可能です。
出版社との契約の時によく相談しましょう。

少なくても100万円以上の金額を使い出版するのです。
どのくらいの値段設定で売れる内容なのか、売れた時の取り分はどうするのか、その取り分で何冊くらい売れば元が取れるのか、しっかり担当と相談した上で契約しましょう。

ご自身で出版費用を出すので出版社には痛手はありません。
本を売るためには書店に並べないといけないので流通の手間は出版社に行ってもらう必要があるため、大半の取り分は取られますが仕方ないと割り切りましょう。

自費出版で実績を残せば、出版社の方から商業出版や共同出版の話が出てくることもあります。
可能な限り良い作品を世の中に出していきましょう。
実績が信頼に繋がり、次の著書に繋がっていきます。

このように、本を出版するのには大変な労力や費用がかかるため、現実的ではありません。
せっかく出した本も全く売れない事も多々あるので大きな出費の見返りを得られない場合は金銭的にも精神的にも大きなダメージとなります。

自分で作って自分で販売する規模であればもっとリーズナブルに手軽に作れるとは思いますが、本を売って収益を得ようと考えるなら出版社の力が必要なので仕方ないのです。

電子書籍の出版

電子書籍の出版は正直誰でもやろうと思えばできてしまいます。
出版は出来るけど売るためには宣伝が必要です。

宣伝力がある人なら自分で出版→宣伝→販売促進ができるのですが、宣伝→販売促進がなかなか難しい行為です。
また、執筆した文章を読んで誤字脱字の修正や出版するための専用のデータへ変換などの専門知識も多少必要です。

そういった流れを全部代行して出版→販売をお手伝いしようと考えたのが当社のプロジェクトです。
文章を電子書籍として販売して稼ごうとするあなたのやる事は執筆のみです。

執筆した文章を当社に投げて頂ければそれを出版可能なデータへ変換してその際にしっかりと誤字脱字のチェックも行い電子書籍として商品化します。

当社は様々な筆者の作品を投稿していくので各作品のページからリンクで繋がって宣伝されるので作品の視認性が上がります。
さらに当社独自の顧客へ作品紹介のメルマガ配信をしたり、SNSで宣伝を行い続けます。

執筆していただくだけで宣伝は当社が行い続けるのでご安心ください。

大量在庫のリスクなどもなく、無料で入手できるスマホアプリで簡単に読めるので電子書籍は人気です。
これから先もどんどん需要が上がっていく分野です。

Kindleと楽天Koboで販売

当社に入稿いただいた書籍は当社スタッフが入稿データへ変換し、誤字脱字のチェック修正を行って出版します。

出版先はAmazon Kindleと楽天Kobo
両方に出版するので販路は広く全世界に販売されます。

もちろんその両方の販売ページを宣伝するのでご安心を♪
電子書籍の王道とも呼ばれる2つのサービスで販売するので多くの人の目にとまります。

読者が楽しめる、有意義だと思われる内容を執筆しましょう。
また、どちらの販売先も試し読みの機能により全体の5%くらいを無料で試し読みができます。

試し読みができる範囲のコンテンツは特に注目されるように面白く、全体を見たくなるような文章になる事を意識して作ることで売れやすくなるのが電子書籍の特徴です。

売れる文章作成の時の参考はこちらを閲覧ください♪
無料で読める部分だけでも充分な参考になります。

読まれる記事の書き方

電子書籍を販売する上で有利になるようにサンプルで読める範囲をとにかく意識してみましょう。
売り上げが劇的に変化します。

ロイヤリティ(印税)は一律35%

当社のサービスではロイヤリティは一律で35%固定にしています。
販売プラットフォームに30%必要なので残りの70%のロイヤリティを著者と当社が折半という形になります。

紙の本で例えると自費出版くらいの率になります。
商業出版の場合は多くて10%ほどです。

売り上げについては著者様へは随時公開致します。
販売益から振込可能金額への変換は末締めで翌月末に反映します。

Locany official site内のマイページから振込可能金額(ポイント)を確認ください。

Locany official site

仮に1000円で販売した書籍であれば1部売れれば350円
10000部売れれば350万円
ヒットセラーになれば莫大な金額が舞い込んできます。

夢の印税生活を無料でリスクなしで簡単に手に入れれるチャンスです♪
電子書籍の出版は財産です。
出版した書籍が売れるたびにロイヤリティが入るのです。

一度執筆するだけで一生入ってくるロイヤリティ
売れれば売れるだけ入ってくるロイヤリティ

執筆した作品は財産と考えられる貴重な物です。

執筆ジャンル問わず受け付け

本には様々なジャンルがあります。

小説やライトノベル、ノンフィクションやビジネス本
ハウトゥー本なんてのもありますね。

当社で出版する電子書籍はジャンルを問いません。
著者であるあなたが書きたいと思ったジャンルの作品を出版いたします。

印刷して在庫を抱えるリスクのない電子書籍だからこそ可能なんです♪
あなたが得意とするジャンルの書物を執筆ください。

また、執筆のサポートも必要に応じて行います。

  • 必要な人物への取材交渉
  • 参考資料や参考文献探し
  • 挿絵や表紙絵(有料)
  • その他ご相談ください

必要に応じてご相談いただければサポート致します。
挿絵や表紙絵についてはショップサイトで画像作成サービスを提供しています。
デジタル画像なのでご相談受け賜ります。

イラスト作成を希望の場合は外注致しますので内容に応じて値段相談となります。

feedback

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

奈々ちゃん

クリエイター&事務のねーちゃん 画像や映像編集やイラストレーターを担当 また本が好きで文章を書くのが好き♪ TwitterやFacebookで絡んでねっ♪ 実はインドア派で引きこもり体質。アニメ、マンガ大好き。 ほしい物リスト

-pickup, 自社Promotion
-, , ,