コロナ

【後日談】元コロナ感染者がワクチンを打ってみたがなかなか副反応がえげつなかったお話


元コロナ感染者

前にも書いた通り、はんちゃんは5月にコロナに感染しました。

コロナ感染関連のコラム記事はこちら

コロナ闘病コラム

そんなコロナ感染者はどのタイミングでワクチンを接種したらいいのか?
調べた結果と実際に接種してみてどうだったかを記録として残しておこうと思います。

元感染者は3ヶ月ワクチン効果を得られない

タイトルがそのまま答えになっているわけなのだが、色々調べた結果、コロナ感染者は感染から3ヶ月はワクチンを接種しても効果を得られないとの情報を得ました。

はんちゃんは5月9日に感染。
そこから3ヶ月なので8月以降に受けないといけなかったわけです。

大規模接種などが始まり、ワクチンを接種できるようになった時期がまだ受けても意味がない時期だったのではんちゃんは予約を入れずに待っている状態が続きました。

コロナ感染により体の中で出来上がっているコロナの抗体があるので満足な効果を得られないと言うこと

正直情報源は不確かであるし、実際に世界がまだ未知のコロナとの戦いを繰り返している状況なので本当の話かどうかは不明だが、そのような意見があるので無理に受ける必要を感じないのだ。

それでは8月以降に予約を取ろうではないか。

そう考えるのが妥当である。
そしてはんちゃんは8月に入るまで予約を取らずにいた。

予約が取れない

さていよいよ8月に入り、ワクチンの予約を取ろうとしたはんちゃん。
予約サイトを毎日見るも、自治体の予約も自衛隊の大規模接種もどちらも全く空きがない状態。

毎日見てたのに一回も○や△の印がついてるのを見かけない
全部×なのである。

大阪恐ろしい。
他府県はもっと比較的スムーズに取れるくらい空きがあったそうだ。

感染者多いもんね大阪…
ほぼ諦めモードになりながらも毎日日課のように予約サイト訪問

永遠に×しか出てこないカレンダーを眺める日々が続いた。

予約は突然現れる

8月も終わり9月に入る。

まだ×しか見た事がない予約サイト。
日課になってるので無心でアクセスして×が並んだカレンダーを眺める日々。

するとどうでしょうか。
9月の後半ごろに奇跡が起こる。
はんちゃんの誕生日があったからプレゼントか?
9月後半の大規模接種予定に大量の○が並んでいた。

はんちゃん

予約!!ゲットだぜ〜〜♪

こんな感じの軽いノリですぐさまタッチ!!
1番近い日の9月28日を選択。
急いで仕事の予定を調整した。

これではんちゃんもワクチン接種者だぜ〜♪
テンションは少し斜めによくわからない方向へ向いてはいたがとにかく予約が取れて一安心だった。

ワクチン接種に向かうには

さてそれでは長期に渡り張り付いて状況を見ていた予約サイトの訪問が不要となったはんちゃん。

勝利のワクチンを打ちに9月28日の当日
グーグル先生に場所を聞いて朝早くから向かう。

大阪の大規模接種会場は北区中之島だ。
仕事場からそれほど遠くない。

はんちゃんは仕事前に接種に向かう事にした。
ワクチン接種後の体調不良の話を散々聞いていたのでビビりながら、でも仕事をする気満々なはんちゃん。
マップアプリで見ると案外近かった会場は歩くと遠かった。

汗ダラダラになりながら向かう。
Hellocyclingもdバイクシェアも返却スポットが近くにないのだ。
自転車レンタル出来ないからまぁ歩いて行こう。
気軽な気持ちが地獄の始まりだった。

汗ダラダラになりながらなんとか到着。
会場が開くまで並んで待った。
予約は朝イチの予約にしたのだ。
はんちゃんは朝に強い。
仕事のために朝イチ一択だったのだ。

そしていざ開場時間。
前にいた数名がカバンをゴソゴソして手に何かを持っている。

『接種券だ』

そんな物の存在なんて忘れ去ってしまっているはんちゃん。

接種件がないと接種できません!!

おんな

おばちゃんに諭されるはんちゃん

はんちゃん

わっ…
わかりましたっ…

大人しく帰るしかなかったはんちゃん。

ワクチン接種に行くときは

必ず接種券を持参しましょう

悲しい気持ちを抑えられないままタクシーに飛び乗り職場へ
タクシーの中で予約サイトへアクセス

明後日9月30日が△で予約可能だった♪
運がいいのか悪いのか、すぐさま予約を入れて仕事に励んだ。

ついにワクチン接種会場へ

即座に予約を9月30日に変えられたのは不幸中の幸い。
前回の失敗を教訓にカバンの中のiPadケースの中に接種券を挿入
iPadないと仕事できないから絶対に忘れないやつ♪

準備は完璧だ!!
次は教訓を生かし、最初からタクシーで向かう♪
タクシーは快適だ。
汗一つかかずに会場に到着した♪

次は並んでる時点で接種券を手に持ち、他の並んでる人達にも接種券が必要なことが伝わりこの日の参列者は手に接種券をもちながら並んでいるエリートぶりだった。

はんちゃんのおかげである。

そしていざ開場
なが〜〜〜いエスカレーターを永遠に上がる。
絶対に歩かず立ち止まって上がってくれとの事。

めっちゃ長い。
モンストしながらずっと上がっていく。

何階まで上がったのだろう?
かなり高い場所に会場の受付があった。

問診票を記載して本人確認書類と一緒に提出して下さい♪

おとこ

お兄さんが説明してくれる。

はんちゃんは渡された問診票に個人情報を書き殴って受付へ提出。
免許証まで見られてはんちゃんの情報は丸裸だ。

受付が終わるとさらに上層階へ上がらされる。
ワクチン接種は天界で行われるのだろうか?
撮影の類は一切禁止だったので残っていないがおそらくタワーマンションくらいは上がったと思う。

外が絶景だったw

脱がされて挿れられる

天界の会場へ辿り着くとまた受付がある。
おねーさんとたわいもないお話タイムだ。

2〜3分話すと『そのまま奥へお進みください』との事

言われるがまま奥へと進むはんちゃんは案内さんから個室へ入るように促される。
個室には白衣を着た女性が2名

はい。脱いでください〜。

おんな

女性2名がじっくりと見つめる中、上の服を脱がされ座るように指示がある。
その種の人達にはきっと嬉しいシチュエーションなのだろう。
左腕に液体を塗り込まれ、チクリと挿入。

はい終わりました〜。

おんな

サラッと終わりを告げられ終了。
一瞬すぎて呆気に取られた。
覚悟と緊張させてくれる時間もなかったのだww

はい。ではこの時間まで待機しておいて下さい。

おんな

待機室へ案内されながら15分後の時間が書いた紙を渡される。
次回の接種の予約日時も同時に渡された。
日時の選択権はないようだ。勝手に決められた。

待機室は絶景の天界からの景色が見える窓際だった。

天空で下界を見下ろしながら待機する事15分
体調不良なども起こる事なく下界へ降りた。

1回目接種後の副反応

接種直後のはんちゃんはすこぶる絶好調だ。

みんなの話を聞いたりしても、1回目の接種時はほとんど何も副反応が出なかった意見が多い。
こんなもんか♪
と思いその日は快適に仕事をこなした。
ワクチン打ってきたんだっ★
なんて軽く話しながらw

そしたらどうだろう。
帰宅中の頃から様子がおかしくなってきた。

異常に寒いのだ。
まだ9月、それほど寒くない季節なのに震えるくらい寒い。
寒すぎてガタガタ震えながら急いで帰った。

帰宅後、体温を測っても平熱。
寒さは尋常じゃないので急いでお風呂に入る。

いつもより熱めのシャワーにして暖まり、恐ろしいので即寝する。
調子が悪い時はとにかく寝るに限る。
はんちゃんのオハコである。

二日目

体がめっちゃだるい。

40度くらい熱がある時のように身体中が痛くてだるい。
ガクガク震えるほど寒いし絶対熱があると確信。

体温を測る。
『36.2』
余裕の平熱だ。

めちゃくちゃ寒いけど、身体中がだるいけど平熱なので仕事に出かける。
仕事中もこの日はずっと身体中がだるくてしんどい。

ゴキジェットプロを噴射されたゴキブリになった気分だ。

そんな死にかけのゴキはんちゃんはなんとかその日の仕事を終えて帰宅。
おうちでまたまた速攻寝ました。

寝てばかりなので睡眠不足が少し解消された気がする♪
テッテレーーー♪

その次の日からは症状は急激に和らぎ、何もなかったかのような日常に戻った。

元コロナ感染者は

コロナの感染時に抗体が沢山できているのでワクチン1回目を受けた状態みたいになるそうだ。
つまり1回目が実質2回目みたいな感じなので副反応が強く出たのではないかと予想。

実際かなりキツかった。
だが感染した事ある人はその感染から3ヶ月以降に接種すると、通常の人にはあり得ないくらいの多くの抗体が出来るそうだ。

1回の接種で2回接種した人以上の抗体を手にすることが出来る。
その結果のあの副反応だ。納得せざるを得ないか。

ところで次回の2回目接種はどうなるのだろう?
未感染者で言う3回目ほどの状態になるのだろうか?

副反応はどのくらい出るのだろうか?
恐怖に震えながら1ヶ月後の接種を待つことになった。
※ほぼ忘れて能天気に過ごしていたが

運命の2回目接種

2回目接種は勝手に決められた10月28日だった。

時間は同じ時間しか取れないらしく、2回目接種も8時からだった。
その後仕事に行けるから都合がいい。

2回目の予約の日が近くなってくると副反応の恐怖が蘇る。
次は死ぬかもしれないなw

大袈裟にそんな事を言いながらそれでもやはり少しビビって美味しいものを食べておくはんちゃん。

人生何があるかわからないから悔いは残さないようにねw

ワクチン2回目接種済みの人たちから散々脅されながら当日。
接種券はもちろんiPadケースの中だ!
抜かりはない!!

会場に着くと前回と同じように天界へ誘われる。
1ヶ月前の接種を思い出しながら天界で再び接種。

白衣のおばさおねいさんへニッコリ笑顔を向け痛くないアピール。
じぇんとるめんはんちゃんはしっかりお礼を言って再び天界で待機。

何事もなく接種は終わり下界へ降りて仕事に向かった。
前回も夜から少しずつしんどくなった。
警戒しながら仕事をして過ごすが今回は夜になっても全然しんどくないし元気だ。

あえて言うなら腕が少しだるくて痛い事だろうか。
俗に言う「モデルナアーム」と言うやつだ。
そんなもの全然気にもならないので調子に乗りながら帰宅。

夜ご飯を食べてお風呂に入って〜
などとしている間に急激に倦怠感と節々に痛みが…

Twitterの企画を始める0時前には既に動けずヘロヘロになって動けなかった。
副反応の到来だ。
前回とは比べ物にならないレベルの超絶級。

意識は刈り取られて起きてられなかった。

全く動けない次の日

虫の息状態でなんとか寝て次の日
はんちゃんは起きられなかった。

睡眠は覚めてるのだが体が全く動かない。
布団から出れないのだ。

何時になっても動かない体。
トイレにも行きたいのに行けない。
世界は回ってるし動かないし
腕は痛すぎて寝返りも打てないし。

ゴキジェットプロ今回は大量にかけられてもう息の根止まりかけのゴキブリだ。
仕事なんていけねぇ…
仕事を休む選択をしたのは何年ぶりだろう。
コロナワクチンは恐ろしかった。

ほぼ1日布団の上で過ごした。
気合を入れてトイレに行くのが限界。
何度も寝て起きてを繰り返した。

お陰で睡眠不足は解消されたw
そのくらい寝たのだ。
次の日に期待しながら1日を丸々捨てたのだ。

徐々に回復

次の日にケロッとしている事を夢見てひたすら寝たのにまだまだ副反応は健在だった。

何日も仕事を空けるわけには行かない。
しんどいが仕事に向かった。
食欲もロクに出ない。

フラフラしながら、休憩ばかり取りながらもなんとかこなす。
前日に比べたらしんどさ半減くらいなのでなんとかなったがこのしんどさだけででも十分にえげつない。

こんなに長引くしんどさなのか…
モデルナ恐るべし。
ワクチン正直舐めてました。

結局徐々に回復はしていったものの、4日くらいしんどい日が続いた。
コロナ未感染者のワクチン接種よりも症状がひどいのではないか?

はんちゃんが薬が効きやすい体質なのと、慢性の寝不足で弱っているからかもしれない。
ワクチンはしんどくなる、副反応がやばいと散々話に聞いていたのでプラシーボ効果が働いていたのかもしれない。

2回目の接種の副反応は地獄だった。

まとめ

薬が効きやすいはんちゃんからなのか、信じる力がハンパないはんちゃんだからこそのプラシーボ効果なのか、真相はわからないがとにかく2回目のワクチンはやばかった!!

1回目ですらよく聞く2回目の症状くらいは苦しんだ。

コロナ感染経験者はワクチンの恩恵を未感染者より多く得られると言う。
だが副反応もそれに比例して恐ろしいんだと思う。

3回目のワクチン接種の受付が始まったというが、果たしてその3回目の接種の副反応はどうなるのだろうか?
おそらく未感染者の3回目がはんちゃんの2回目にあたるのだろう。

心して接種を受けてください。
仕事の予定を調整して数日は休みをとっておいてください。

全ての人がこんなに副反応に苦しむかどうかはわかりません。
ですが、ここに苦しんだ人がいる事を覚えておいてください。

コロナに打ち勝つためにワクチンは重要
しっかり予定を調整してガッツリ休養できるようにしてください♪

feedback

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

hanchan

Twitter廃人はんちゃん 夜にめっぽう弱く寝落ち王!! サイト複数運営の起業家 人の役に立つ情報を発信したい Twitterフォローしてねっ♪

-コロナ
-, ,